大阪インプラント再生センター>インプラント治療とは?インプラント治療とは
インプラント構図インプラント治療とは失った歯にチタン製のネジのようなものを外科処置を施し歯ぐきに埋め込み、今までの天然歯と同じように機能回復をする治療です。これにより、今までのブリッジや入れ歯の治療は噛む能力が落ちたり、装着時の違和感があったのですが、インプラントは骨にしっかり結合するので、欠損補綴の治療としてはとても有効な治療とされています。

■インプラントの治療期間

インプラント治療は、まずインプラントが骨と結合するのに、症例にもよりますが早くて1カ月、遅くて6カ月程度かかります。さらに、骨移植を伴う症例では通常は骨を移植して4〜6ヵ月の治癒期間のあとにインプラントの埋入が可能となります。

■インプラントの素材「チタン」の安全性

チタンイメージインプラントの素材は、チタンの素材で作られています。現在、40年以上の臨床研究により、チタンという素材が人体に拒絶反応を与えず、時間を経過することで、骨と結合する(オッセオインテグレーション)ことが確認されております。このチタンの特性を利用し、人工的に歯の土台である歯根を造り、人工的な歯を立てることで、丈夫で安定した治療を施すことができるのです。

■98%以上の成功率

1965年にスウェーデンのブローネマルク教授によって治療された最初の患者さんは、治療後 40年近く当時のインプラントを使用して、最近亡くなりました。
世界で一番古いブローネマルクインプラントのデータを例に取ってみると、20年累積残存データとして発表されているものには、1983年から85年にかけて治療された報告で、上顎90.0%、下顎92.3% というデータがあります。また、 10年以上のデータでは96%という報告や、 5年以上のデータでは 98%以上という報告もあります。

大阪インプラント再生センターインプラント治療とは?治療の流れ歯周病治療とインプラント
治療前の注意点治療後の注意点即時埋入についてインプラントのよくある質問 治療費について
インプラント治療のシュミレーションサイナスリフト法GBR法骨造成・骨移植について歯牙移植
当センターの理念口腔外科のスペシャリスト当センターのこだわりアクセス・診療時間メール相談