大阪インプラント再生センター>インプラント治療のシュミレーション治療シュミレーション
従来では歯を失った場合はブリッジや入れ歯、差し歯で治療をすることが主流でした。しかし、最新の治療方法のインプラント治療では周りの歯に負担を掛けずに、今までの天然歯と同様に近い噛み心地を味わえるなどのメリットが多く、近年、歯科の治療分野では非常に注目されています。ここでは、従来のブリッジや入れ歯、差し歯の治療とインプラント治療についてケースごとにシミュレーションをして紹介します。

■歯が抜けたあと放置してしまったケース

歯が抜けたあと放置してしまったケース

1 周囲の歯が動きます
2 対応していた歯が浮いてきます
3 食べ物がつまりやすくなります
4 噛む機能が低下します

・インプラント治療をすると、以下のような審美、機能回復が図れます。
歯が抜けたあと放置してしまったケース

1 周囲の歯が動きません
2 自分の歯を健康に保つことができます
3 治療から2ヶ月で噛むことができます
4 審美的に良好です(見た目がきれいです)

■歯を1本失ったケース

・ブリッジで治療をした場合の問題点
歯が抜けたあと放置してしまったケース

1 隣の健康な歯を削り、悪化させます
2 支える歯に負担がかかります
3 支える歯が2本以上必要です
4 歯の抜けた部分の骨が、次第にやせていく場合があります

・インプラント治療した場合のメリット
歯が抜けたあと放置してしまったケース

1 歯のない部分に、インプラントを入れるため、健康な歯を削ることはありません
2 自然な感覚で、噛めるようになり、顎の骨の健康を維持することができます
3 治療から2ヶ月で、自分の歯に近い感覚で、食事が楽しめます。

■歯を複数本失ったケース

・部分入れ歯で治療した場合の問題点
歯が抜けたあと放置してしまったケース

1 入れ歯の留め金によって、歯などに痛みを感じる場合があります
2 異物感、違和感があります
3 審美性に欠けます
4 粘りのある食べ物や硬い食べ物に苦労します

・インプラント治療した場合のメリット
歯が抜けたあと放置してしまったケース

1 留め金を必要としないために、口の中がスッキリし、審美的にも良好です
2 治療から2ヶ月で、自分の歯に近い感覚で噛むことができます
3 粘りのある食べ物や硬い食べ物に関係なく、食事を楽しむことができます

■すべての歯を失った場合

・総入れ歯で治療した場合の問題点
歯が抜けたあと放置してしまったケース

1 味覚が異なります
2 発育障害になる場合があります
3 異物感を感じます
4 痛みを感じる場合があります
5粘りのある食べ物に苦労します
6 硬い食べ物に苦労します

・インプラント治療をした場合のメリット
歯が抜けたあと放置してしまったケース

1 違和感、異物感がありません
2 審美的にも良好で、自然にお話ができます
3 自分の歯に近い感覚で、味覚が楽しめます
4 食べ物を選ばず、快適に食べられます
5 治療から2ヶ月で噛めるようになります

大阪インプラント再生センターインプラント治療とは?治療の流れ歯周病治療とインプラント
治療前の注意点治療後の注意点即時埋入についてインプラントのよくある質問 治療費について
インプラント治療のシュミレーションサイナスリフト法GBR法骨造成・骨移植について歯牙移植
当センターの理念口腔外科のスペシャリスト当センターのこだわりアクセス・診療時間メール相談