大阪インプラント再生センター骨造成・骨移植について骨造成・骨移植について
今まで骨が少ないということでインプラント治療が困難だった方がいらっしゃったと思います。近年では、骨造成、骨移植を使って骨が少ない方でもインプラント治療が可能になってきました。もし、他院でインプラント治療を断られた方はご相談ください。

■骨造成・骨移植の種類

・サイナスリフト法 
・ソケットリフト法
・スプリットクレスト法(リッジエクスパッション)
・GBR法(骨誘導再生法) 
・ボーングラフト(骨移植)

■サイナスリフト法

上顎の奥の骨が極度に薄い時に、お口の中から鼻の空洞に窓を開け、そこに骨を追加して骨を増やす方法です。詳しくはサイナスリフト法のページをご覧ください。

■ソケットリフト法

上顎の奥の骨が薄い時に、鼻の空洞の中を持ち上げ、そこに骨を追加してインプラントを同時に埋め込む方法です。

■スプリットクレスト法

骨が細い場合に、隙間を開きながらインプラントを埋め込む方法です。

■GBR法

骨の足りない場合に、骨を足して増やす方法です。詳しくはGBR法のページをご覧ください。

■ボーングラフト(骨移植)

・自家骨
通常、患者さん口腔内から採取する。ただし、骨量が少ないため腰から採取する場合もある

・人工骨
アパタイト製材という人工の材料を使って人工骨の代用をします。

大阪インプラント再生センターインプラント治療とは?治療の流れ歯周病治療とインプラント
治療前の注意点治療後の注意点即時埋入についてインプラントのよくある質問 治療費について
インプラント治療のシュミレーションサイナスリフト法GBR法骨造成・骨移植について歯牙移植
当センターの理念口腔外科のスペシャリスト当センターのこだわりアクセス・診療時間メール相談