大阪インプラント再生センター>GBR法GBR法(骨再生誘導法)
インプラント周囲の骨の少ない部分へ、周りから骨を採集し、補強します。これによって、骨の有る無しに関わらず、インプラントを審美的に最適なポジションへ埋入できます。最近のトレンドである、抜歯後6週間での早期埋入や、抜歯と同時の即時埋入には、この方法を必要とします。
・STEP1
サイナス1 GBR(骨再生誘導法)は歯槽骨の奥行きの幅が不足している時に用いる治療法です。正常な歯槽骨の奥行きの幅があればインプラント埋入後は図のようにインプラントが歯槽骨にすっぽりと包まれます。
・STEP2
サイナス1

しかし、歯が抜けて吸収された結果、奥行きの厚みがなくなってしまい、インプラントの一部が歯槽骨から手前に露出してしまう場合があります。

・STEP3
サイナス1

このような時はメンブレンという人工膜で歯槽骨が足りない部分を覆い、骨の再生を促進させます。

・STEP4
サイナス1

個人差がありますが、約4〜6ヵ月で歯槽骨が再生されインプラントが安定します。


大阪インプラント再生センターインプラント治療とは?治療の流れ歯周病治療とインプラント
治療前の注意点治療後の注意点即時埋入についてインプラントのよくある質問 治療費について
インプラント治療のシュミレーションサイナスリフト法GBR法骨造成・骨移植について歯牙移植
当センターの理念口腔外科のスペシャリスト当センターのこだわりアクセス・診療時間メール相談