大阪インプラント再生センター>歯牙移植歯牙移植

歯牙移植とは親知らずなどの咬み合せとは関係ない歯を、欠損部分に移植することです。医療発展により臓器の移植が可能になり、歯科でも歯を移植する事が可能になりました。歯牙移植のメリットはチタン製の人工歯を使うインプラントと違い、天然歯を埋入しますので、今までの天然の歯と同じように機能します。

期間としては抜歯した歯を移植してから約3か月程度でくっつきます。ただし、すべての歯に移植が可能でなく、条件に合った歯が必要になります。条件が整えば、自分の歯なので非常に有効な適応結果を得られます。

■歯牙移植の条件

・親知らずなどの不必要な歯がなくてはならない
・移植する歯が歯周病にかかっていない歯であること(歯根膜の存在)
・移植する歯の根が単根か複雑な形ではないこと
・移植する場所に歯の大きさが似ている事(サイズがあってる)
・患者様の比較的若いかたであること(40歳くらいまで)

大阪インプラント再生センターインプラント治療とは?治療の流れ歯周病治療とインプラント
治療前の注意点治療後の注意点即時埋入についてインプラントのよくある質問 治療費について
インプラント治療のシュミレーションサイナスリフト法GBR法骨造成・骨移植について歯牙移植
当センターの理念口腔外科のスペシャリスト当センターのこだわりアクセス・診療時間メール相談